文化の鍛冶屋

3 最小読み取り · May 23, 2022

Art
文化の鍛冶屋

どこの国でもその国を特色を表した飾り物があります。ユーロッパ地域、フランス、イリスは宝石を彫刻し、磨き、それに当たるフレームを金や銀で作るのが多いです。モンゴルでは、金、銀がより盛んで、より先に発展する原因となりました。

宝石に関してもモンゴル人の世界を見る観点により、コーラル、パール、トルコ石、青金石が最も使用されていました。ザナバザルの仏像は、仏教美術の中でモンゴル流を整えたと同じように日常生活用品の鍛冶屋の職人でも、いくつかの流が作られ、引き継がれてきました。

馬の鞍、手綱もモンゴル人の大事にするもので、金工もこれに目を当て、専門分野にするまで発展させました。モンゴルでは金工のいくつかの流があります。

例えば、Batnorov, Dariganga, Sevrei Noyon, Borjigon, Dalaichoinhor, Buriad, Huree, Duuregch Vanなどの造りが互いに違います。この中で、Batnorov, Sevrei Noyon, Dariganga, Dalaichoinhor流の工作物が最も有名です。その秘密は、独特の工芸技術にありました。

工作の特色とその歴史

Dalaichoinhor工作:Dalaichoinhor Van流に属する金工たちがTsedensonom Dalaichoinhor Vanと密接な関係を持っています。チンギス統原理のVan Borjigon Tsedensonomは、非常に文人で貴重な飾り物にも趣味のある方だったそうです。彼がコントロールする州もハルハの他の州の中でも面積が大きい方でで、豊かでした。Tsedensonom Vanが周辺の金工を呼び集め、金、銀の芸術品を作り始めたのが、その後、州の名が広がり、モンゴル金工の一つのスタイル、工作となりました。Dalaichoinhor工作には、直ぐに目立つほどの特別なものがないが、細かい技術がが必要とされるのがその他の工作より異なる点となりました。

Sevrei Noyon工作:Umnugovi県、Sevrei, Noyon Sum(=村)は昔より、画家、様々な職人、金工で有名だったことが金、銀の物作りが発展し知名度が上がる一つの原因でした。Manibadar画家は、モンゴル中に名が知られたと同じようにSevrei Noyon工作を有名にしたのは、P.Munkh, Ch.Baljirです。

モンゴルでは、DarigangaとSevrei Noyon工作の銀の椀が最も有名です。Darigangaは,凸面の装飾で、少ない材料を使うのが特徴ですが、Sevrei Noyonは大椀に32-35両、中椀に17-20両、小椀に8-10両使用されます。(1両=37,301グラム)

Batnorov工作:Tojil金工の名は、モンゴル中知られています。本名はIshjamtsだがTojil金工という名前で有名です。Tojil金工がBatnorov工作を作ったのです。彼の有名な名言は、「必要な道具を自分で作れない人が金工と呼ばせるか」です。基本的にモンゴルの金工は道具を自分たちで作っていました。

Batnorov工作の有名な点は、鋳造して作ることです。Tojil金工が幼い時期からTunsag金工に弟子入れし、鋳造の基礎を勉強して、自分なりの型を作らなければよい金工になれないということを理解して、地元で型を作る粘土を解明しました。現在の金工もこの道と同じ歩み方です。そしてBatnorov工作の鞍のメタルディスク、デール、タバコパイプのの飾りは特にモンゴル全国で有名です。

Batnorov工作の有名な点は、鋳造して作ることです。Tojil金工が幼い時期からTunsag金工に弟子入れし、鋳造の基礎を勉強して、自分なりの型を作らなければよい金工になれないということを理解して、地元で型を作る粘土を解明しました。現在の金工もこの道と同じ歩み方です。そしてBatnorov工作の鞍のメタルディスク、デール、タバコパイプのの飾りは特にモンゴル全国で有名です。

D・エンフボルド